Journal

2022 Mar 14
Newsletter Archive

Sail夢プロジェクト | 日本語(にほんご)スピーチコンテスト

Sail夢プロジェクト | Sail夢Project

(English below)

スピーチする人の応募おうぼわりました。応募ありがとうございました。

最終さいしゅうステージを視聴しちょうする人はこちら

Sailゆめプロ 最終さいしゅうステージの視聴しちょう予約よやく

Sailゆめプロジェクト - にほんごでゆめちかづくはる - はじまります!

日本語にほんご使つかって仕事しごとをしたい」「日本にほんはたらきたい」世界せかいひとのために、全世界対象ぜんせかいたいしょうオンライン日本語にほんごスピーチコンテストをします。
コンテストはいくつかのステージがあります。いくつかのステージを合格ごうかくすると、最後さいごのステージでは日本語にほんごや日本にかんするわたしゆめをスピーチします。

「Sailゆめプロジェクト - にほんごでゆめちかづくはる」をすることで、日本にほん日本語にほんごったり、日本語にほんごをたくさんはなしたり、日本にほんはたらいたりする機会きかいつくりました。
ゆめがあるひとゆめ応援おうえんするひと、みんながたのしい「Sailゆめプロジェクト」を一緒いっしょつくりましょう。

わたしたちHelteについて

分断ぶんだんのない活力かつりょくのある社会しゃかいつく

Helteでは、日本語にほんごでのグローバルコミュニケーションアプリSailをじくとして、日本にほん世界せかいつなぐグローカルなサービスを、産学官民さんがくかんみんおなしつこころざしをもつ方々かたがたとの連携れんけいつうじて展開てんかいしています。

Sailとは?

パソコン、スマートフォン、タブレットを使つかって日本人にほんじんつながることができます。
普段ふだんはなかなかせっすることのできない、知識ちしき豊富ほうふ日本人にほんじんとの交流こうりゅうたのしめます。

Sailでの会話事例

2021年10月からSailを利用

2020年9月からSailを利用

「Sailゆめプロジェクト」の日程にってい

*時間じかん日本にほん時間じかんです

だい1ステージ

3/14(げつ) Sailゆめプロジェクト応募おうぼ開始かいし
3/29() だい1ステージ案内あんない
4/11(げつ) Sailゆめプロジェクト応募おうぼわり
☞4/26()17:00 だい1ステージわり

だい1ステージでは、30にんえらばれます。

第1だいいちステージの提出ていしゅつフォームは、4月11日までに日本語スピーチコンテストに応募した人へ、メールで連絡れんらくします。
第1ステージは、3つの質問しつもんに日本語でいてこたえます。それぞれの質問に、150-300で答えてください。3つの質問の答えが、作文さくぶんとなります。
①あなたはどんなひとですか?自分じぶんのことを紹介しょうかいしてください。
②あなたのゆめなんですか?あなたの夢と日本や日本語の関係かんけいは何ですか?
③夢のためにいまあなたは何をしていますか?何か頑張がんばっていることや、むずかしいとおもっていることがあったらおしえてください。

しめりは、4月26日17:00(JST)です。
しめ切りまで、作文を何回も提出することができます。2回以上作文を提出したときは、一番新いちばんあたらしい作文を審査しんさします。

作文の書き方が分からない人は、作文回答例を見てください。

作文さくぶんウェブサイト掲載けいさいについて

だい1ステージの作文を提出ていしゅつすると、作文をSail夢プロ応援おうえんページせることができます。作文をSail夢プロ応援おうえんページに載せると、世界中せかいじゅうひとから応援コメントがもらえます。また、最終さいしゅうステージにえらばれた場合ばあい、「オーディエンスしょう」という賞をもらえる可能性かのうせいたかくなります。
※ウェブサイトへの掲載有無けいさいうむは、審査結果しんさけっか影響えいきょうしません。安心あんしんしてください。

作文をSail夢プロ応援おうえんページに載せたい人は、 support@helte-corp.comまで以下いか内容ないようをメールしてください。
名前なまえ(ニックネームでも
ゆめのタイトル(20字程度じていど)
③夢をいたかみ写真しゃしん(かおうつっていない写真や、顔だけの写真でも大丈夫だいじょうぶです。パワーポイントなどのデータでも大丈夫です。)

だい2ステージ

5/9(げつ) だい1ステージ結果けっか発表はっぴょう
5/10() だい2ステージ案内あんない
5/24(もく) だい2ステージ結果発表けっかはっぴょう
6/5(にち) 最終さいしゅうステージ・ファイナリストスピーチ

だい2ステージでは、10にんえらばれ、最終さいしゅうステージ発表はっぴょうしていただきます。

Sailのサポート

*1 参加さんかしたひと全員ぜんいん、Sailを2022ねん5がつ9にちまで無料むりょう使つかうことができます。Sailは日本語にほんご日本にほんひとはなすアプリです。たくさんの日本にほんひとと、日本語にほんごはなしましょう!有料プラン加入者は無料の対象になりません。
*2 だい2ステージに参加さんかしたひと全員ぜんいん、Sailを2022ねん6がつ5にちまで無料むりょう使つかうことができます。
*3 日本語にほんごでスピーチをするための、特別とくべつなオンラインでの日本語にほんご授業じゅぎょう参加さんかできます。授業じゅぎょう無料むりょうです。日本語にほんご勉強べんきょうする、世界中せかいじゅう仲間なかま出会であうことができます。
*4 最終さいしゅうステージでは、審査員しんさいんまえでスピーチを発表はっぴょうします。「あなたのゆめ」を全力ぜんりょくつたえてください。

オンライン説明会(Online Information Session)のビデオはこちら

各種特典かくしゅとくてん

日本語にほんご使つかった仕事しごとに就きたい、日本にほんで働きたいという大きなゆめを抱いている世界せかいひとたちのゆめかなえるしょうをいくつか用意よういします!

大賞たいしょう(1めい):日本にほんへご招待しょうたい

もし日本にほんくことができたら、どんなことをしたいですか?日本にほん色々いろいろひとったり色々いろいろなところに行ったりして、ゆめに近づこう!
れい. 神奈川県内かながわけん ない会社・大学かいしゃ・だいがくはなしく、京都きょうと日本にほん文化ぶんか体験たいけんする

日本にほんでの滞在費たいざいひ(ホテルだい)と渡航費とこうひ交通費こうつうひ飛行機ひこうき新幹線代しんかんせん だい)はHelteがはらいます。

日本にほんでの滞在たいざいプランはSailスタッフと一緒いっしょかんがえます。
日本にほんでの滞在たいざいは、1週間しゅうかん~2週間しゅうかんです。 

各種かくしゅ特別とくべつしょう日本にほん企業きぎょうでのインターンなど多数用意たすうようい

日本にほん企業きぎょうでのインターンシップをはじめ、様々さまざましょう用意よういしています。 
詳細情報しょうさいじょうほうについては随時ずいじ追加ついか掲載けいさいしていきます。

募集要項ぼしゅうようこう

参加さんか条件じょうけん

日本語にほんご母語ぼごではないこと

参加さんか方法ほうほう

エントリーはこちらから(応募おうぼわり:4がつ11日)にち

今回の応募は締め切りました。応募ありがとうございました。

スピーチのテーマ

日本語にほんごや日本にかんするわたしゆめ

 

スピーチの時間じかん

3分~3分30秒

※スピーチの時間がみじかかったり、ながかったりすると減点げんてん可能性かのうせいがあります。

 

審査しんさ基準きじゅん

①スピーチの内容ないようゆめ具体性ぐたいせい独自性どくじせい

日本語能力にほんごのうりょく語彙ごい文法ぶんぽう発音はつおん適切てきせつ

③プレゼンテーション能力のうりょくこえおおきさや抑揚よくよう目線めせんなど

※①を一番重視いちばんじゅうしします。審査結果けっかのおわせは一切いっさいけ付けておりません。

 

審査員しんさいんのプロフィール(五十音順ごじゅうおんじゅん

審査員しんさいんほかにもいます。審査員しんさいんのプロフィールはあとからおらせします。

ブレークスルーパートナーズ株式会社かぶしきがいしゃ 赤羽 雄二あかば ゆうじ

東京大学卒業後とうきょうだいがくそつぎょうご小松製作所勤務こまつせいさくしょきんむ、スタンフォード大学大学院だいがくだいがくいん留学りゅうがく、その世界的せかいてきコンサルティング会社がいしゃマッキンゼーに14ねん経歴けいれきつ。2002ねんブレークスルーパートナーズ株式会社かぶしきがいしゃ共同創業きょうどうそうぎょう。34万部まんぶのベストセラー『ゼロ秒思考びょうしこう あたまくなる世界一せかいいちシンプルなトレーニング』(ダイヤモンド社刊しゃかん)をはじめ、著書ちょしょ国内こくない24さつ海外かいがい25冊けい115万部。

Ikigai Connections LLC. カーシャ・リンチ

ボストン大学だいがく学士号がくしごう、おちゃ水女子大学みずじょしだいがく修士号しゅうしごう取得しゅとく高校こうこう大学だいがく大学院だいがくいんそして仕事しごと通算つうさん8年間日本ねんかんにほんごし、そのほかポーランド、イタリア、アメリカでの生活せいかつて、現在げんざいいたる。コンサートのプロモーション、通訳つうやく翻訳ほんやく電子機器でんしきき自動車産業じどうしゃさんぎょうなどで、日本語にほんごと日本文化ぶんかのスキルをかしたキャリアをむ。
2018年にIkigai Connectionsを創業そうぎょう様々さまざまな日本関連かんれんのポッドキャスト、ウェブサイト、ウェビナーに出演しゅつえんしている。NihongoJobs.comが、アメリカ国内こくないのすべての日本の仕事を網羅もうらしたジョブボードになるよう奮闘中ふんとうちゅう

日本語教師にほんごきょうし 佐々木渉ささきわたる

大学在学中だいがくざいがくちゅう日本語教師養成講座にほんごきょうしようせいこうざ日本語教育能力検定試験にほんごきょういくのうりょくけんていしけん取得しゅとく卒業後そつぎょうごにビジネスパーソンへのプライベートレッスン、日本語学校及にほんごがっこうおよ専門学校せんもんがっこうでの日本語指導しどう経験けいけん。JICAの青年海外協力隊せいねんかいがいきょうりょくたい参加さんかし、タイの中高校ちゅうこうこうで日本語をおしえる。帰国後きこくご東京外国語大学とうきょうがいこくごだいがく修士号しゅうしごうを取得。現在げんざい、専門学校で留学生りゅうがくせいに日本語を指導している。

代表世話人株式会社だいひょうせわにん かぶしきがいしゃ 杉浦 佳浩すぎうら よしひろ

大阪府出身おおさかふしゅっしん、1963年生ねんうまれ。20だいのときに2転職てんしょく経験けいけん
現在数十社げんざいすうじゅっしゃえる会社かいしゃにおいて顧問こもんとして、世話人役せわにんやくつとめる。紹介しょうかいのみで、年間ねんかん1000めいを超える社長しゃちょうつづけている。

日本語教師にほんごきょうし・Youtuber ボニー

台湾人日本語教師たいわんじんにほんごきょうし幼少期ようしょうきから日本語にほんごうたきで、大学卒業後独学だいがくそつぎょうごどくがく日本語能力試験にほんごのうりょくしけんN1に合格ごうかく。Youtube台湾人け日本語学習がくしゅうチャンネル「兎子日文」の運営うんえいもしており、台湾人へ日本語や日本文化ぶんかかりやすく発信はっしんしている。

 

最終さいしゅうステージの日程にってい

2022ねん6がつ5にちにち) 8:30 AM - 10:30 AM
場所: Zoom ウェビナー
だれでもることができます。登録とうろく必要ひつようです。

Sailゆめプロ 最終さいしゅうステージの視聴しちょう予約よやく

 

最終さいしゅうステージは、だい1、2ステージを合格ごうかくした10人がスピーチをします。
「Sailゆめプロジェクト」では日本語にほんご文法ぶんぽう発音はつおんよりも、ゆめがあるみなさんの気持きもちのつよさを大切たいせつにしています。
最終さいしゅうステージは、日本にほんひとみることができます。
しょう準備じゅんびしています。しょうくわしい内容ないようは、またあとからおらせします。

運営者うんえいしゃからのメッセージ

現在げんざい日本にほんはたらきたいとおもっているおおくのひとたちが「Sail」を使つかって、日本語にほんご会話かいわ練習れんしゅうしたり、日本にほん文化ぶんかまなんでいます。「Sail」を運営うんえいするHelteは、日本にほんはたらきたいとかんがえているひとたちを応援おうえんしたいとかんがえました。
日本にほんはたらきたいとかんがえているみなさんからゆめ募集ぼしゅうし、日本にほんみなさんにっていただきたい。わたしたちのサービス「Sail」の利用りようしたり、日本語にほんご先生せんせいから授業じゅぎょうける機会きかい提供ていきょうしたり、みなさんの成長せいちょうをサポートしたいとおもいます。
日本にほんはたらきたいとかんがえている、おおくのみなさんのお申込もうしこみをおちしております!

問合といあせ・よくある質問しつもん

問合といあ

からないことがあったら、いつでもメールをおくってください。
問合といあせメール:support@helte-corp.com担当たんとう大野おおの

よくある質問しつもん

何才なんさいひと参加さんかできますか?
何才なんさいひとでも参加さんかできます。年齢ねんれい関係かんけいありません。

▼ どのくらいの日本語にほんごレベルが必要ひつようですか?
どのレベルのひとでも参加さんかできます。

▼ ホームページに書いてある時間じかんは、日本時間にほんじかんですか?
はい、全部日本時間ぜんぶにほんじかんです。時間じかんをよく確認かくにんして、参加さんかしてください。

▼ Sailゆめプロジェクトに参加さんかすると、Sailを無料むりょう使つかうことができますか?
はい、参加さんかするとSailを無料むりょう使つかうことができます。

▼ Sailはいつまで無料むりょう使つかうことができますか?
参加さんかしたひとは、みな日本時間にほんじかんの2022ねん5がつ9にち(げつ)まで無料むりょうでSailを使つかうことができます。だい2ステージにすすんだひとは、2022ねん6がつ5にち(にち)まで無料むりょう使つかうことができます。

いま日本にほんんでいます。Sailゆめプロジェクトに参加さんかできますか?
はい、参加さんかできます。

日本にほんんでいるひと大賞たいしょうったとき、特典とくてんはどうなりますか?
日本国内にほんこくない色々いろいろなところで、日本にほんふか体験たいけん準備じゅんびしています。日本にほんでしたいことはありますか?おしえてください。

特別とくべつ日本語にほんご授業じゅぎょうや、スピーチコンテストの最終さいしゅうステージはオンラインでおこないますか?
はい、特別とくべつ日本語にほんご授業じゅぎょうや、スピーチコンテストの最終さいしゅうステージは全部ぜんぶオンラインでおこないます。

特別とくべつ日本語にほんご授業じゅぎょうでは、どんなことをしますか?
だい1ステージでいた3つの質問しつもんを、スピーチにします。文法ぶんぽうや、ことばを一緒いっしょかんがえます。スピーチの練習れんしゅうもします。日本語にほんご発音はつおんや、アクセントの練習れんしゅうもします。

▼ どんなスピーチ(ひと)が大賞たいしょうになりますか?
①「自分じぶんゆめ」があるひと日本語にほんご上手じょうずなことより、ゆめがあることが大切たいせつです。)
ゆめかなえるために、計画けいかくてて行動こうどうできるひと(まだ計画けいかくてたことがない・行動こうどうしたことがないひとは、プログラムのあいだ一緒いっしょ計画けいかくてて、行動こうどうしましょう!)
日本語にほんご自分じぶんゆめつたえることができるひと(オンライン授業じゅぎょう日本語にほんご先生せんせいがスピーチの練習れんしゅう手伝てつだいます。)

日本語にほんごがあまり上手じょうずではありません。参加さんかしてもいいですか?
ぜひ、参加さんかしてください。Sailゆめプロジェクトのスピーチコンテストは、ほか日本語にほんごスピーチコンテストとは違います。日本語にほんご発音はつおん文法ぶんぽうよりも、あなたのゆめへの気持きもちを大切たいせつかんがえています。

大賞たいしょうをとったとき、日本にほんに行く日程にっていまっていますか?
大賞たいしょうをとったひとと話し合って、日程にっていを決めます。1~2週間しゅうかん日本にほんにいる日程にってい計画けいかくしています。
また、COVID-19の状況じょうきょうや、日本にほん入国制限にゅうこくせいげん状況じょうきょうながら、計画けいかくてます。
特典とくてん日本にほんくのは、いまから1年後ねんごでも、2年後ねんごでも可能かのうです。


Sail Dream Project | Japanese Speech Contest

Sail Dream Project Now Beginning! Get closer to your dreams this spring through Japanese

We will be holding a worldwide Japanese speech contest for those who want work in Japan, and those who want a job where they can use Japanese.
Our contest will have many stages. After passing several stages, finalists will give a speech on "My dream about Japanese language and Japan" in the final stage.

By holding the Sail Dream Project, it is our hope that we have created an opportunity to get to know Japan and the Japanese language, to be able to speak more in Japanese, and to work in Japan.
Together with those who have dreams, and with those supporting them, we aim to make the Sail Dream Project a fun success.

Entries for the contest are closed. Thank you for your applications.

Register to view the final stage of the Sail Dream Project

 

About Helte

Paving the way for a vibrant and harmonious future

At Helte, through the Japanese global communication app Sail, we develop glocal (global and local) services that connect Japan and the world in collaboration with those who hold similar values from the industrial, academic, government, and private sectors.

What is Sail?

Connect with Japanese people through your computer, smartphone, or tablet! Enjoy interacting with wise, experienced Japanese people you wouldn’t be able to come into contact with otherwise.

Sail Dream Project Schedule

* Dates and times are displayed in Japan time

1st Stage

March 14th (Monday) Sail Dream Project Registration Begins
March 29th (Tuesday) Announcement of the First Stage
April 11th (Monday) Sail Dream Project Registration Ends
April 26th (Tuesday) End of the First Stage

* 30 participants can be chosen for the 1st stage.

For those who have applied for the Japanese speech contest by April 11, the submission form for the 1st stage will be emailed to you.

In the first stage, you will answer three questions in Japanese writing. Answer each question in 150-300 words. The answers to the three questions will be used as the essay.

①What kind of person are you? Please introduce yourself.

②What is your dream? Please also tell us the relationship between your dream and Japan and the Japanese language.

③What are you doing now to achieve your dream? Please tell us what you are working hard on and what you find difficult to achieve your dream.

The deadline is April 26, 17:00 JST.

You may submit your essay as many times as you like until the deadline.
If you submit more than one essay, the most recent essay will be considered.

Examples answers have been prepared. If you do not know what to write, please look at it for reference.

Posting of essays on the website

Once you submit your essay for the 1st stage, your essay can be posted on Sail夢プロ応援おうえんページ. By posting your essay, you will receive messages of support from Sailers in Japan and around the world who visit this website. You may also have a better chance of winning the "Audience Award" if you are selected to compete in the final stage.
*Whether or not your dream is posted on the website will not affect the outcome of the judging process. Please be assured.

If you would like to be listed on the website, please email support@helte-corp.com with the following information.
①Name (Nickname is also acceptable)
②Title of the dream(about 20 words)
③A photo of the paper on which you wrote your dream (a photo that does not show your face or just your face is fine. Data such as PowerPoint is also acceptable)

2nd Stage

May 9th (Monday) Announcement of the First Stage results
May 10th (Tuesday) Announcement of the Second Stage
May 24th (Thursday) Announcement of the Second Stage results
June 5th (Sunday) Final Stage・Finalist Speeches

* In the second stage, 10 participants will be chosen, and the final stage will be announced.

Support From Sail

* All participants will be able to use Sail for free until May 9th, 2022. Sail is an app for speaking with people in Japan. Be sure to try to speak with many people in Japanese! Existing paid subscribers are not eligible for the free plan.
* Participants in the second stage will be able to use Sail for free until June 5th, 2022.
* Participants will be able to participate in special free online Japanese classes to help them with giving a speech in Japanese. Let’s make friends from all over the world that also study Japanese!
* During the final stage, speeches will be made in front of judges. Do your best, and tell us about your dream!

Introducing the Professors of the Free Japanese Online Class

Ayumi Asabe

As a JICA Japan Overseas Cooperation Volunteer, she engaged in Japanese language education at a secondary education institution in the Kingdom of Thailand. After returning to Japan, she studied Japanese language education and cultural understanding at the Waseda University Graduate School of Japanese Language Education. She has experience teaching local Japanese classes in Japan and academic writing to Japanese university students.

Akiko Goda

After graduating from university, she engaged in Japanese language education at a high school in Indonesia and as a Japanese language school in Brazil. After returning to Japan, she went on to study the development of Brazilian children of Japanese descent. In the present day, she continues to provide Japanese-language support to foreign families residing in Japan on holiday.

Various Prizes

We have been preparing various prizes to fulfill the big dreams of those around the world who want a job that uses Japanese and want to work in Japan!

Grand Prize (1 Winner): An invitation to Japan!

Grand Prize (1 Winner)
An expenses-paid invitation to Japan!

Special Prizes (Many Winners)
Internship Experiences at Japanese companies!

What would you do if you could go to Japan? Meet many people, go to different places, and get closer to your dream!
For example, you could listen to talks at companies and universities in Kanagawa Prefecture, and experience Japanese culture in Kyoto!

* Helte will pay for hotel, travel, and transportation expenses (including plane and Shinkansen tickets).
* The schedule for your stay will be decided together in consultation with Sail staff.
* The stay in Japan will last from 1 to 2 weeks.

Various Special Prizes: Internship Experiences at Japanese companies!

We’ve prepared various special prizes, including internship experiences at Japanese companies.
* Detailed information will be provided at a later date.

Application Requirements

Participation Conditions

Japanese is not your native language.

How to Participate

Please click the button below to register (registration ends on April 11th).

Entries for the contest are closed. Thank you for your applications.

Speech Theme

"My Dreams about the Japanese Language and Japan"

Final Presentation time

3 minutes to 3 minutes and 30 seconds

*Please note that points may be deducted for short or long presentations.

Judging Standards

①Content of speech: Specificity and originality of "Your Dream"

②Japanese language ability: vocabulary, grammar, and proper pronunciation

③Presentation skills: loudness of voice, intonation, eye contact, etc.

*① will be given the most importance. We will not accept any inquiries regarding the results of the judging.

About the Judges

* There will be additional judges. They will be introduced at a later date.

Yuji Akaba (Co. Breakthrough Partners)

After graduating from the University of Tokyo, he worked at Komatsu Ltd., studied abroad at Stanford University’s Graduate School, and then went on to work for 14 years at the global consulting firm McKinsey. In 2002, he co-founded Breakthrough Partners. He has published 24 books in Japan and 25 books worldwide, including Zero byou shikou: atama ga yokunaru sekai ichi shinpuru toreeningu (published by Diamond), a bestseller which has sold more than 340,000 copies. In total, he has sold more than 1.15 million books.

Kasia Lynch (Ikigai Connections LLC.)

Kasia (カーシャ) a trilingual American who spent 8 years in Japan, including high school, college, graduate school, and her professional career. She earned her Bachelor’s from Boston University and Master’s from Tokyo’s Ochanomizu University. Kasia’s career utilizing Japanese language and cultural skills began in 2003 with concert promotion, and later moved to interpreting/translating, electronics, and the automotive industry. She was able to do this while living in Japan, Poland, Italy, and the US. Since starting Ikigai Connections in 2018, Kasia has been featured in various Japan-related podcasts, websites, and webinars, including USJETAA, Small Business Japan, Laurasian Institution, Japan Expert Insights, and BFF Tokyo. Her goal is for NihongoJobs.com to become the go-to job board for all Japanese jobs in the US.

Wataru Sasaki (Japanese Language Teacher)

While in college, he took a Japanese language teacher training course and the Japanese Language Teaching Proficiency Test. After graduation, he gave private lessons to business people, taught Japanese at Japanese language schools and vocational schools, and participated in JICA's Japan Overseas Cooperation Volunteers program, teaching Japanese at a middle and high school in Thailand. After returning to Japan, he earned a master's degree from Tokyo University of Foreign Studies. Currently, he teaches Japanese to international students at a vocational school.

Yoshihiro Sugiura (Co. Daihyosewanin)

Born in Osaka, Japan, in 1963, he changed jobs twice when he was in his 20s.
He currently serves as an advisor and sponsor for more than several dozen companies. He continues to meet with more than 1,000 presidents a year through referrals alone.

Bonny (Japanese Language Teacher/Youtuber)

Taiwanese Japanese teacher. She loved Japanese songs since she was child, and after graduating from university, she taught herself to pass the Japanese Language Proficiency Test N1. She also manages a Japanese learning channel for Taiwanese people on Youtube, "兎子日文", where she teaches Japanese language and culture to Taiwanese people in an easy-to-understand way.

Schedule of the Last Stage

May 6th, 2022 (Sunday) 8:30 AM - 10:30 AM
Location: Zoom Webinar
* The webinar will be open to the public, but registration is required.

Register to view the final stage of the Sail Dream Project


During the final stage, the 10 participants who advanced past the first and second stages will give their speeches.
The Sail Dream Project values the strength and passion of everyone’s dreams more than Japanese grammar or pronunciation.

Japanese audience members (non-judges) will also be able to attend the final stage.
The prizes are currently being prepared and finalized. More in-depth details will be posted at a later date.

A Message from the team behind Sail

Currently, there are many people hoping to work in Japan that use Sail and are able to practice speaking in Japanese and learn about Japanese culture. Helte, the company that runs Sail, is hoping to support those that are thinking of working in Japan.
We’re gathering the dreams of all those who want to work in Japan, and introducing those dreams to everyone in Japan. We would like to support your growth through Sail and the Japanese classes that will be offered.
We hope that everyone who’s thinking about working in Japan registers!

Contact・Frequently Asked Questions

Contact

If you have any questions, please feel free to contact us at any time through the mail address below.

Helte Support Email Address: support@helte-corp.com (Contact: Mr. Oono)

Frequently Asked Questions

・Is there an age limit to participation?
No, there is no age limit! Those aged 17 and under will be afforded opportunities other than an internship.

・What level of Japanese do you have to be to participate?
Any level of Japanese is welcome.

・Are the times described here in Japan time?
Yes, all the times are written in Japan time. Please be sure to double check the times!

・If I participate in the Sail Dream Project, can I use Sail for free?
Yes, as long as you are participating, you will be able to use Sail for free.

Entries for the contest are closed. Thank you for your applications.

・Until when can I use Sail for free?
All participants will be able to use Sail for free until May 9th, 2022, Japan time (Monday). Those who advance to Stage Two will be able to use Sail for free until June 5th, 2022 (Sunday).

・I currently live in Japan. Can I participate in the Sail Dream Project?
Yes.

・What will the grand prize be like if the winner lives in Japan?
We will prepare an experience that will allow you to go to many places within Japan and get to know Japan more deeply. Please think about whether there’s anything in particular you want to do in Japan!

・Will the special online Japanese classes and the final stage of the speech contest be held online?
Yes, everything will be held online.

・What will I do in the online Japanese classes?
During the first stage, you’ll give a speech on 3 topics. Together, we’ll think about grammar and vocabulary that you can use. You’ll be able to practice your speech, and work on your pronunciation!

・What kind of speeches and people will win the grand prize?
1. Those who tell us about their dream (more important than being good at Japanese is having a dream to tell us).
2. Those who can make plans and take action to make their dream come true (and if you need help, let us help you make those plans and take those actions together!)
3. Those who can tell us about their dream in Japanese (and we’ll help you practice your speech with our Japanese professors during the online classes).

・I’m not very good at Japanese. Can I still participate?
Please, feel free to participate! The Sail Dream Project speech contest is different from other speech contests. We value the passion behind your dreams more than perfect pronunciation and grammar.

・Has the schedule already been decided for the grand prize?
We will consult with the winner to decide on a schedule and plan one to two weeks where they will be in Japan. Additionally, we can plan around the general situation due to COVID-19 and any possible Japanese border restrictions. The grand prize can be redeemed at any time within two years.

 

Sailのホームページはこちら
Check out Sail’s home page
      • Sail Website - 日本にほんひとけ|for Japanese
      • Sail Website - 世界せかいひとけ|for International
SNSはこちら
And follow us on social media

    • Sail Facebook - 日本にほんひとけ|for Japanese
    • Sail Facebook - 世界せかいひとけ|for International
    • Sail Instagram - 日本にほんひとけ|for Japanese
    • Sail Instagram - 世界せかいひとけ|for International